温泉旅館にも負けない立派な門ができました。

ただ階段を仕切るだけのかっこ悪い門になったらどうしよう?!

きれいな施設に違和感を感じる門だったら・・・

そんな時は必殺「夢工房の棟梁」を呼ぼう。

家紋付きの素敵な門の完成です。無茶苦茶軽く開け閉めができます。

1階から2階を見上げた写真ですが、黄色の壁にマッチして、昔から存在したみたいの風貌です。

やはり棟梁に相談して正解でした。

こどもたちの行動を門でコントロールするのはどうかな?と思っていましたが、先頭の保育士がカギをあけてのぼると

こどもたちは手すりにつかまり順番に後を追う。最後尾の保育士がドアを閉め、カギをかける。

一連の動作がこどもたちの落ち着きを生むんですね。驚きの発見です。

さあ、次は正面玄関の門ですね。。。。

コメントは利用できません。